So-net無料ブログ作成

用語集 SCHLIB/PCBLIB ライブラリ [Altium Designer]

SCHLIB/PCBLIB ライブラリ
用語集 最終更新日:2013/06/08
コンポーネント
 コンポーネントは、ボード上に配置された物理デバイス、例えば、集積回路または抵抗器である。これらの構成要素の中には、単一の部品または一緒にパッケージ化された部品のセットが存在してもよい。
3Dボディ
 3Dボディは、使用可能なメカニカルレイヤ上のフットプリントに追加できる多角形のオブジェクトです。これを使用して、コンポーネントの物理的なサイズと形状を水平面と垂直面で定義することができます。これにより、コンポーネントのクリアランスチェックとより優れた3Dビジュアライゼーションが可能になります。また、3Dボディオブジェクトは、コンポーネントフットプリント内にインポートされたSTEPモデルのプレースホルダとして、または非PCB実装のフリーフローティングオブジェクト(ハウジングやアセンブリなど)としても機能します。
デジグネータ(リファレンス番号・緒元番号)
 設計者は、PCB内のコンポーネントを別のコンポーネントと区別するために使用される固有の識別子です。アルファベット、数字、または両方の組み合わせが可能です。パッドには、コンポーネントのピン番号に対応する一意の指示子もあります。
フットプリント(PCB部品形状)
 フットプリントは、コンポーネントがPCBに実装するために必要なスペースを定義(またはモデル化)します。コンポーネントのフットプリントモデルはPCBライブラリに格納されています。フットプリントは、デバイスのピンに接続するためのパッドと、シルクスクリーン(オーバーレイ)層上のトラックおよび/または円弧セグメントから作成されたパッケージの物理的な輪郭を含むことができる。デバイス実装機能も含まれています。 PCBライブラリのフットプリントには、指定子やコメントはありません。指定子とコメントが割り当てられているPCBシート上に配置されると、それらはコンポーネントになります。
隠しピン
 非表示のピンは、コンポーネント上に存在するが、表示する必要のないピンです。通常、電源ピンであり、指定されたネットに自動的に接続することができます。
ライブラリ
 回路図ライブラリは、個々のシートに格納されたコンポーネントとそのパーツのセットです。 PCBライブラリにはコンポーネントのフットプリントが含まれています。各ライブラリタイプには独自のエディタがあります。統合ライブラリは回路図ライブラリとその関連モデルを結合し、ライブラリエディタによって直接編集することはできません。
オブジェクト
 オブジェクトとは、ライブラリエディタのワークスペースに配置できる個々のアイテムです。
パッド
 パッドは通常、コンポーネントピンの接続パッドを作成するためにフットプリントに使用されます。
パート
 パーツは、マルチデバイスコンポーネントの一部を表すグラフィカルオブジェクトの集合です。部品は、スケマティックコンポーネントライブラリ内のコンポーネント内の別々のシートに格納されます。
ピン
 コンポーネントピンは、コンポーネントに電気的特性を与え、コンポーネント上の接続ポイントを定義します。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。