So-net無料ブログ作成

セレクト コマンドの種類(AD17 英語ドキュメントを機械翻訳) [AD17]

この基本コマンドから派生した、以下の8種類のパッケージがAD17では、利用可能です。
1. ラッソ内の選択(Lasso Select)
2. 内側エリアを選択(Select Inside Area)
3. 外側エリアを選択(Select Outside Area)
4. タッチング線の選択(Select Touching Line)
5. タッチング長方形内の選択(Select Touching Rectangle)
6. すべて選択(Select All)
7. 接続を選択(Select Connection)
8. ユニオンの全てを選択(Select All in Union)
 
 
1. ラッソ内の選択(Lasso Select)
 適用されるパラメータ:アクション= Lasso
≪概要≫
 このコマンドは、ユーザー定義の自由形式の「lasso」領域内のデザインオブジェクトを選択するために使用されます。
≪アクセス≫
 このコマンドは、Schematic EditorとSchematic Library Editorからアクセスできます。
 メインメニューからEdit»Select»Lasso Selectコマンドを選択します。
メインのデザインウィンドウでSを押して、選択ポップアップメニューにアクセスし、Lasso Selectコマンドを選択します。
 コマンドを起動すると、カーソルが十字線に変わり、ラッソ選択モードに入ります。選択は、以下の一連のアクションを実行することによって行われます。
 クリックするか、Enterキーを押して、ラッソの開始点を固定します。
カーソルを移動して、必要な選択領域の自由形式のアウトラインを作成します。
形状が必要になったら、をクリックするか、Enterキーを押してソフトウェアが最後のカーソル位置から始点に戻るようにシェイプを完成させます。
定義されたラスタ領域の境界内に完全に入るすべてのオブジェクトが選択され、ラッソ選択モードを終了します。
マウスの右ボタンをクリックするかEscキーを押すと、どの段階でもラッソ選択モードを終了できます。
≪ヒント≫
 選択したオブジェクトは、[設定]ダイアログボックスの[回路図 - グラフィック編集]ページの[選択]フィールドで定義された選択色で強調表示されます。
追加のオブジェクトを累積的に選択したい場合は、[環境設定]ダイアログの[スケマティック - グラフィカル編集]ページで[クリッククリア選択]オプションが無効になっていることを確認してください。
選択したデザインオブジェクトの選択解除に関する利用可能なリソースについては、DeSelectコマンドを参照してください。
2. 内側エリアを選択(Select Inside Area)
 適用されるパラメータ:Action = InsideArea
≪概要≫
 このコマンドは、ユーザ定義領域内のデザインオブジェクトを選択するために使用します。
≪アクセス≫
 このコマンドは、Schematic EditorとSchematic Library Editorからアクセスできます。
 メインメニューからEdit»Select»Inside Areaコマンドを選択します。
Schematic Standardツールバー(Schematic Editor)またはSch Lib Standardツールバー(Schematic Library Editor)のボタンをクリックします。
選択領域を定義するために、ワークスペース内で(オブジェクトから離して)、保持、ドラッグ(左から右へ)をクリックします。
メインデザインウィンドウのSキーを押して、選択ポップアップメニューにアクセスし、Inside Areaコマンドを選択します。
 コマンドを起動すると、カーソルが十字線に変わり、選択領域の最初の角を選択するように求められます。この最初のコーナーを固定するには、カーソルを移動してクリックするか、Enterキーを押します。 2番目のコーナーを選択するように求められます。カーソルを移動して選択領域のサイズを決め、をクリックするか、Enterキーを押してこの2番目のコーナーを固定します。この定義された領域内に完全に入るすべてのオブジェクトが選択されます。
≪スマートドラッグ選択≫
 スケマティックエディタおよびスケマティックライブラリエディタは、ドラッグアンドセレクト機能をワークスペース内で直接サポートします。選択矩形をドラッグする方向によって、機能の動作と選択内容が異なります。
 選択ウィンドウを左から右にドラッグすると、選択領域の境界内に完全に収まるすべてのオブジェクトが選択されます。この動作は、この(Edit»Select»Inside Area)コマンドと同じです。
選択ウインドウを右から左にドラッグすると、選択範囲内に完全に収まるか、境界線に触れるすべてのオブジェクトが選択されます。この動作は、Edit»Select»Touching Rectangleコマンドと同じです。
色付けは、使用されている選択モードを視覚的に区別するために使用されます。左から右にドラッグすると青色の矩形が使用され、右から左にドラッグすると緑色の矩形が使用されます。
 http://www.altium.com/documentation/sites/default/files/wiki_attachments/275256/SchSmartDragSelectionEx.gif
 スマートドラッグ選択がスケマティック上で動作しています。
≪ヒント≫
 選択したオブジェクトは、[設定]ダイアログボックスの[回路図 - グラフィック編集]ページの[選択]フィールドで定義された選択色で強調表示されます。
追加のオブジェクトを累積的に選択したい場合は、[環境設定]ダイアログの[スケマティック - グラフィカル編集]ページで[クリッククリア選択]オプションが無効になっていることを確認してください。
選択したデザインオブジェクトの選択解除に関する利用可能なリソースについては、DeSelectコマンドを参照してください。

3. 外側エリアを選択(Select Outside Area)
 適用されるパラメータ:Action = OutsideArea
≪概要≫
 このコマンドは、ユーザー定義領域外のデザインオブジェクトを選択するために使用します。
≪アクセス≫
 このコマンドは、Schematic EditorとSchematic Library Editorからアクセスできます。
 メインメニューからEdit»Select»Outside Areaコマンドを選択します。
メインデザインウィンドウでSキーを押して、選択ポップアップメニューにアクセスし、「外部エリア」コマンドを選択します。
 コマンドを起動すると、カーソルが十字線に変わり、非選択領域の最初の角を選択するように求められます。この最初のコーナーを固定するには、カーソルを移動してクリックするか、Enterキーを押します。 2番目のコーナーを選択するように求められます。カーソルを移動してエリアのサイズを設定し、をクリックするか、Enterキーを押してこの2番目の角を固定します。この領域から完全に外れたオブジェクトはすべて選択されます。
≪ヒント≫
 選択したオブジェクトは、[設定]ダイアログボックスの[回路図 - グラフィック編集]ページの[選択]フィールドで定義された選択色で強調表示されます。
追加のオブジェクトを累積的に選択したい場合は、[環境設定]ダイアログの[スケマティック - グラフィカル編集]ページで[クリッククリア選択]オプションが無効になっていることを確認してください。
選択したデザインオブジェクトの選択解除に関する利用可能なリソースについては、DeSelectコマンドを参照してください。
4. タッチング線の選択(Select Touching Line)
 適用されるパラメータ:Action = TouchingLine
≪概要≫
 このコマンドは、ユーザー定義の行がタッチするすべてのデザインオブジェクトを選択するために使用します。
≪アクセス≫
 このコマンドは、Schematic EditorとSchematic Library Editorからアクセスできます。
メインメニューからEdit»Select»Touching Lineコマンドを選択します。
メインのデザインウィンドウでSを押して、選択ポップアップメニューにアクセスし、線の引っかかりコマンドを選択します。
つかいます
 コマンドを起動すると、カーソルが十字線に変わり、選択行の開始点を選択するように求められます。カーソルを置いてクリックするか、Enterキーを押してこのポイントを固定します。必要に応じてカーソルを移動して線を延長し、クリックするか、Enterキーを押して終点を固定します。この行がタッチするすべてのオブジェクトが選択されます。
≪ヒント≫
 選択したオブジェクトは、[設定]ダイアログボックスの[回路図 - グラフィック編集]ページの[選択]フィールドで定義された選択色で強調表示されます。
追加のオブジェクトを累積的に選択したい場合は、[環境設定]ダイアログの[スケマティック - グラフィカル編集]ページで[クリッククリア選択]オプションが無効になっていることを確認してください。
選択したデザインオブジェクトの選択解除に関する利用可能なリソースについては、DeSelectコマンドを参照してください。
5. タッチング長方形内の選択(Select Touching Rectangle)
 適用されるパラメータ:Action = TouchingArea
≪概要≫
 このコマンドは、ユーザー定義の長方形がタッチするデザインオブジェクトを選択するために使用します。
≪アクセス≫
 このコマンドは、Schematic EditorとSchematic Library Editorからアクセスできます。
 メインメニューからEdit»Select»Touching Rectangleコマンドを選択します。
選択領域を定義するために、ワークスペース内で(オブジェクトから離して)、保持、ドラッグ(右から左へ)をクリックします。
メインのデザインウィンドウでSを押して、選択ポップアップメニューにアクセスし、「長方形に触れる」コマンドを選択します。
 コマンドを起動すると、カーソルが十字線に変わり、選択矩形の最初の角を選択するように求められます。この最初のコーナーを固定するには、カーソルを移動してクリックするか、Enterキーを押します。 2番目のコーナーを選択するように求められます。カーソルを移動して長方形のサイズを決め、をクリックするか、Enterキーを押してこの2番目の角を固定します。この定義された領域内に完全に入っている、またはその境界に触れられているすべてのオブジェクトが選択されます。
≪スマートドラッグ選択≫
 スケマティックエディタおよびスケマティックライブラリエディタは、ドラッグアンドセレクト機能をワークスペース内で直接サポートします。選択矩形をドラッグする方向によって、機能の動作と選択内容が異なります。
 選択ウィンドウを左から右にドラッグすると、選択領域の境界内に完全に収まるすべてのオブジェクトが選択されます。この動作は、Edit»Select»Inside Areaコマンドと同じです。
選択ウインドウを右から左にドラッグすると、選択範囲内に完全に収まるか、境界線に触れるすべてのオブジェクトが選択されます。この動作は、この(Edit»Select»Touching Rectangle)コマンドと同じです。
色付けは、使用されている選択モードを視覚的に区別するために使用されます。左から右にドラッグすると青色の矩形が使用され、右から左にドラッグすると緑色の矩形が使用されます。
 http://www.altium.com/documentation/sites/default/files/wiki_attachments/275256/SchSmartDragSelectionEx.gif
 スマートドラッグ選択がスケマティック上で動作しています。
≪ヒント≫
 選択したオブジェクトは、[設定]ダイアログボックスの[回路図 - グラフィック編集]ページの[選択]フィールドで定義された選択色で強調表示されます。
追加のオブジェクトを累積的に選択したい場合は、[環境設定]ダイアログの[スケマティック - グラフィカル編集]ページで[クリッククリア選択]オプションが無効になっていることを確認してください。
選択したデザインオブジェクトの選択解除に関する利用可能なリソースについては、DeSelectコマンドを参照してください。
6. すべて選択(Select All)
 適用されるパラメータ:アクション=すべて
≪概要≫
 このコマンドは、現在のドキュメント上のすべてのオブジェクトを選択するために使用されます。
≪アクセス≫
 このコマンドは、Schematic EditorとSchematic Library Editorからアクセスできます。
 メインメニューから編集»選択»すべてのコマンドを選択します。
Ctrl + Aキーボードショートカットを使用する。
メインのデザインウィンドウでSを押して、選択ポップアップメニューにアクセスし、すべてのコマンドを選択します。
 コマンドを起動すると、現在のドキュメントのすべてのデザインオブジェクトが選択されます。
≪ヒント≫
 選択したオブジェクトは、[設定]ダイアログの[図式 - グラフィック編集]ページの[選択]フィールドで定義された選択色で強調表示されます。
選択したデザインオブジェクトの選択解除に関する利用可能なリソースについては、DeSelectコマンドを参照してください。
7. 接続を選択(Select Connection)
 適用されるパラメータ:Action = Connection
≪概要≫
 このコマンドは、回路内の選択されたポイントに電気的に接続されたすべてのオブジェクトを選択するために使用されます。
≪アクセス≫
 このコマンドはSchematic Editorから次の方法でアクセスできます。
 メインメニューから編集»選択»接続コマンドを選択します。
メインデザインウィンドウのSキーを押して、選択ポップアップメニューにアクセスし、接続コマンドを選択します。
 コマンドを起動すると、カーソルが十字線に変わり、オブジェクトを選択するように求められます。電気オブジェクトを接続したいオブジェクトの上にカーソルを置いてクリックするか、またはEnterを押します。その選択されたオブジェクトに電気的に接続されているすべてのオブジェクトが選択され、シート上の他のすべてのオブジェクトが薄暗くなるようにフィルタリングが適用されます。
 接続によって選択を続けるか、右クリックするか、Escキーを押して接続選択モードを終了します。
≪ヒント≫ 
選択したオブジェクトは、[設定]ダイアログボックスの[回路図 - グラフィック編集]ページの[選択]フィールドで定義された選択色で強調表示されます。
選択されたオブジェクトに電気的に接続されているオブジェクトのみが選択されます。選択を累積することはできません([環境設定]ダイアログの[回路図 - グラフィック編集]ページの[クリッククリア選択]オプションは無効になります)。
接続にないすべてのオブジェクト(選択されていないオブジェクト)に適用されるマスキングのレベルを、フィルタスライダバーを使用して調整します。マスクレベルボタン(メインデザインウィンドウの右下)からアクセスします。
フィルタリングは、デザインワークスペースの右下にある[クリア]ボタンをクリックするとクリアできます。
選択したデザインオブジェクトの選択解除に関する利用可能なリソースについては、DeSelectコマンドを参照してください。
8. ユニオンの全てを選択(Select All in Union)
 適用されるパラメータ:ContextSensitive = True | Action = AllInUnion
≪概要≫
 このコマンドは、現在カーソルの下にあるオブジェクトがメンバーである共用体内のすべてのオブジェクトを選択するために使用されます。
≪アクセス≫
 このコマンドは、必要な共用体のメンバーであるオブジェクトを右クリックし、コンテキストメニューから「共用体→すべてを選択」コマンドを選択することで、回路図エディタからアクセスできます。

 まず、メインのデザインワークスペースで、必要なユニオン内のオブジェクト上にカーソルが置かれていることを確認します。
 コマンドを起動すると、共用体内のすべてのオブジェクトが選択されます。
≪ヒント≫
 選択したオブジェクトは、[設定]ダイアログボックスの[回路図 - グラフィック編集]ページの[選択]フィールドで定義された選択色で強調表示されます。
追加のオブジェクトを累積的に選択したい場合は、[環境設定]ダイアログの[スケマティック - グラフィカル編集]ページで[クリッククリア選択]オプションが無効になっていることを確認してください。
選択したデザインオブジェクトの選択解除に関する利用可能なリソースについては、DeSelectコマンドを参照してください。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。