So-net無料ブログ作成

【DBLib】データベースライブラリーのススメ その4 [データベースライブラリ]

作成した空のデータベースを仮に Altium Designer  に反映させる準備
データベースには、Altium Designer  のオブジェクトは含まれていませんので、
回路図ライブラリのシンボルやPCBフットプリントを用意しなければ為りません。
これらは、今までの蓄積された資産が役に立ちますが、少し編集する必要が有ります。
プロジェクト(Personal.PrjPCB) の作成
1. AD17を起動し、新規プロジェクトを作成し、名前(Personal.PrjPCB)を付けて保存します。

New_Project.PNGNew_Project_2.PNG

□Create Project Folder にチェックを入れておけば、
指定した名前でプロジェクトディレクトリを作成してくれます。
2. 次に、作成したプロジェクト内に
    回路図シンボルライブラリとPCBフットプリントライブラリ等をを追加します。
New_Project_3.PNGNew_Project_4.PNG
ライブラリファイル以外に、確認用の回路図シートも追加します。
また、エクセルのデータベースファイルも組みこみます。
この様にして於くと、ランチャーとして、エクセルをプロジェクトパネルから起動できます。
3. いよいよ、データベースライブラリーを作成します。
  メインメニューから、
      [ファイル(F)]>[新規(N)]>[ライブラリ(L)]>[データベースライブラリ(B)] を実行します。

New_Project_5.PNGNew_Project_6.PNG

  まず、【接続するソース】を指定します。
    【⦿データベースの種類を指定】で、〈Microsoft Excel 2007〉を選択し、
      ブラウズ(B)】ボタンをクリックします。
  表示される、Select Databese File パネル(ファイルマネージャ)で、
      <Personal_DBLib.xlsx>選択し、【接続(C】ボタンをクリックます。
  正しく接続されると、テーブルが表示され全てが有効に為り、
  選択されているテーブルのフィールドが、下部に表示されます。
New_Project_7.PNG
3. 次に、データベースライブラリに名前(Personal.DbLib)を付けて保存しておきます。

New_Project_8.PNG


これで、空のデータベースライブラリができました。
続く
データベースライブラリの紹介ページ(制作年度が可成り古いです)
TechLib-SCHDXP ライブラリのお得なキャンペーン情報は、以下のURLをクリックしてください。
************************************************************
当ブログは、㈲オルグシステムズ プロテル販売 サポートグループが運営しています。
ブログ内容や製品についてのご質問、ご要望、お問い合わせ、誤記のご指摘等は、
{Contact us} お問い合わせメニューから、メール等でお願い致します。
************************************************************

nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 1

sophil

詳しい説明ありがとうございます。
ここまでの工程は理解できました。

ライブラリでの保存の種類の中にデータベースライブラリが
存在しているんですね。
ライブラリはSCHとPCBだけでの利用だと勝手に思い込んでいました。

by sophil (2017-09-11 12:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。