So-net無料ブログ作成

【DBLib】データベースライブラリーのススメ その3 [データベースライブラリ]

データベース作成の準備について
データベースといっても、エクセルのマルチシートで作成しますので、通常の部品表作成と変わりありません。
本来は、部品表に記載される内容は全て網羅したいのですが、今回は絞り込んだ内容だけにします。
後々、データの追加・削除・変更は何時でも可能ですので、随時行って下さい。
データベースの作成
MS-Excel による、データベースライブラリの制作をスタートしていきます。
1. MS-Excel で新規ファイルを作成し、Personal_DBLib.xlsx と名前を付けます。
2. 次に、シートに名前を付けます。この名前がライブラリーのカテゴリーに為ります。
  シートの名前がカテゴリー分類なるので、細かく分類もできますが、今は少なくし以下の5種類にします。
  1. 抵抗(レジスタ)
  2. コンデンサ(キャパシタ)
  3. 半導体
  4. ロジックIC
  5. 小物部品
3. 次に、シート列の名前を決めます。これがデータベースのフィールド名、部品の属性名に為ります。 
  列(フィールド)名前が部品の属性名になるので、当然、色々と設定したく為りますが、今は最小限にし14種類にします。
  1. Part Number : メーカ型番に準拠します。(固定/変更不可)キーフィールド、回路図とのリンクを保証するものです。
  2. Library Path : SCHライブラリ(回路図シンボル)の相対パスとファイル名
  3. Library Ref : SCHライブラリ(回路図シンボル)のコンポーネント名
  4. Footprint Path : PCBライブラリ(フットプリント)の相対パスとファイル名
  5. Footprint Ref : PCBライブラリ(フットプリント)のコンポーネント名
  6. Code : シリアル番号(編集可・変更可・削除可)
  7. Comment : 回路図に表示される型名や定格値など(編集可・変更可)
  8. Description : 部品の簡単な説明
  9. Manufactuer : メーカ名
 10. Pin Count : 部品のピン数
 11. HelpURL : メーカのホームページURLなど、ヘルプキー(F1)をタイプした時に表示するページを指定。
 12. ComponentLink1Description : Datasheet(固定/変更不可)
 13. ComponentLink1URL : データシートのURL
 14. Note : 備考など(編集可・変更可)
  これら以外に、ユーザーが自由に追加・削除できます。


Excel Sheet Personal_DBLib.xlsx のスクリーンショット

Projects_DBLib_Excel.PNG


TechLib-SCHDXP ライブラリのお得なキャンペーン情報は、以下のURLをクリックしてください。
************************************************************
当ブログは、㈲オルグシステムズ プロテル販売 サポートグループが運営しています。
ブログ内容や製品についてのご質問、ご要望、お問い合わせ、誤記のご指摘等は、
{Contact us} お問い合わせメニューから、メール等でお願い致します。
************************************************************


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。