So-net無料ブログ作成

少し古いPCで、最新AD16を動かす為のアップグレード [Altium Designer システム]

少し古いPCで、最新AD16を動かす為のアップグレード

少し古いPCの定義が難しいのですが、
1世代前のCPU Core2Duo を搭載したDell Precision T3400を例に提案します。
PCのスペックカタログは下記を参照して下さい。

先ずは最も効果が大きい部分からアップグレードします。
【A-1】HDDをSSDに変更します。
    SSDはHDDと同じ容量または、500GB程度にします。
    SSD付属のソフトでクローンを作り、SSDからの起動に切替えます。
    HDDはデータドライブにするか、バックアップで残しておきます。
    これだけでも体感スピードは数倍になります。
    SSDは、書込みスピードと読出しスピードが同等の物を選びます。
【A-2】SATA3コントローラカードの追加。
    T3400MBのSATAスピードは3.0Gb/s(SATA2)です。
    増設したSATA3コントローラにSSDを接続します。
    これによりブート時間も短縮され、
    テンポラリファイルへの書込み、読出しが半分の時間で可能に為ります。
 SSDは、書込み回数が粗決まっていますので、2年程度でエラーが発生します。
 システムのテンポラリファイルやインターネットのテンポラリファイル、
 Altium Designerのテンポラリファイルは、別に小容量ローコストのSSDを
 専用に設けたほうが良いと思います。

【B-1】OSの64bitへの移行。
    32bitOSでは、4GB弱のメモリーしか制御できません。
    Altium Designerは、64bitOSにするとハングする確立が下がります。
【B-2】メモリーの増設。
    Altium Designer、特にSCHはメモリーを大量に使用します。
    快適に操作するには、最低でも8GB、できれば16GBにする事。

【D-1】ファンクションキーボードの設置
    Altium Designerには多くのショートカットキーが用意されていますが、
    2キーならともかく3キーでは、マウスから手を離さないとできません。。
    殆どの場合マウスクリックでコマンド実行や座標を指定しますが、
    このマウスクリックを軽減するのがファンクションキーボードです。
    1キーでコマンドモードにし、マウスで座標指定しクリックで実行する。
    1キーで数回のマウスクリックを節約でき、マウス移動も不要に為ります。

 マウスの右クリック(コンテキスト)も活用して、
 無断なクリックを極力少なくしましょう。

Altium Designerのお得なキャンペーン情報は、

**************************************************
当ブログは、オルグシステムズ プロテル販売 サポートグループが運営しています。
ブログ内容や製品についてのご質問、ご要望、お問い合わせ、誤記のご指摘等は、
Contact us お問い合わせメニューから、メール等でお願い致します。
**************************************************

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0